不労所得ってやっぱりあった方が良い

アフィリエイト

こんにちは春奈さんです。

今は息子がお昼寝しているので、その間にサクッとブログまとめてて配信セットします。

本日は不労収入がなぜ必要なのか?にふれたいと思います。

 

不労収入とは

その字のごとくですが、自分が働かなくても収入を得られる方法です。

今の世の中一般的には、会社などに勤めて対価として報酬をもらっていると思います。これは労働収入といって、自分一人に対し、一人分の収入を得ていますね。

不労収入は、自分が作業したり管理はするのだけれど、自分以外の人や物が利用したりすることで、その人たち分の利用分が自分の収入に跳ね返ってくる物です。

例えば不動産の賃貸収入も戸数が増えていけば、1戸の賃貸収入より多く望めますし(その分管理も大変になってくるけれどね)、株も社会での需要が高まれば、価値が上がり配当金も上がります。

私が行っているワールドベンチャーズ のビジネスも、労働力は私の一人分に対し、ある程度の組織になれば、跳ね返ってくる対価が何十倍にも何百倍にもなります。

 

一般的に日本でのサラリーマンの年収は、いっても1500万円くらいです。日系企業の役員クラスで3000万円前後じゃないでしょうか。せいぜいそんなもんです。

外資金融なら5000万円くらいですが、成果には厳しい世界ですから、いつ首を切られるかは分かりません。

普通のサラリーマンでは、年収1億は普通超えないですよね。

 

環境の良いところでのびのび仕事がしたい

子供が生まれてから、本当にこれに↑つきまして

収入をしっかり確保しつつ、できれば年間最低5000万円くらいは稼いで、かつ時間に縛られず、日本みたいに窮屈じゃないところで暮らしたいと思っている春奈さんなので、それを考えると労働収入では無理なんですよね。

しかも、会社員だと異動とか転勤とかがあるし、付き合いの仕事も増えてくるので自分らしさをすぐに見失うんですよ。

今でも思うけれど、社会人だった頃は合わせるのが得意だったけれど、なんか家帰るとどっと疲れてましたね。

ストレス発散のために、わざと涙を流す「涙活(るいかつ)」していたぐらいです。

 

自分が病気になった時、働けなくなった時

突然ですが、我が家は、子供の学資保険をかけていません。

保険をかけるぐらいなら、投資に回した方が運用されて増えるからです。

まあ最近だと学資保険より投資で増やすタイプのものが主流ですが、それでもあまり多く選択ができないので、保険の窓口に行っても結局は複数の保険に加入することになります。

正直、何度聞いてもよく理解ができません。

自分でも把握ができないものにお金を預けるって怖いなって思ったんです。

それで、子供の分は私が投資や不労収入で稼ごうと思ってかけませんでした。

今このサイトを読んでいる方はまだ子供がいないかもしれませんが、保険代って毎月数万円が飛んで行くので、ばかにならないですよ。

 

もし不労収入で複数の収入の柱があれば、もし私が病気で働けなくなっても稼いでくれるところがあるのは経済的にも精神的にもすごく楽なことだと思います。

お金がないから病気ができない!とは体調管理レベルではできても現実的には不可能ですからね、、、

 

子育て中の家庭にはより理想的な収入の得かた

何と言っても、体調を壊しやすい子供や学校と会社の予定が合わなくて子供との時間をしっかり取れていないという方にも理想的なお金の稼ぎ方ですよね。

家族のために働いているのに家族に会えない生活なんてね、ほんとやめた方が良いですよ。

会社のために働いてるんだ!って人は別ですが、、、

1年半で年収1000万円以上 人生が激変したシングルマザー

 

オススメの不労収入の得方

春奈さんが実践している、不労収入の得方は、こちら>

 

お問い合わせ、コンサルのお申し込みはLINEから受け付けています。

*春奈さんに繋がります

友だち追加

 

春奈さんのところから当事業に参加の方には、これまで書き溜めてきた具体的なビジネスの進め方や音声コンテンツなどを特別に公開しています。

これは、カフカグループの中でも、春奈さんグループの方のみに公開している内容のため、より具体的でより実践にあった内容になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました