【必見】なぜワールドベンチャーズ なのか?

ワールドベンチャーズ

旅するカフカさんが、膨大なリサーチの中からなぜワールドベンチャーズ を選んだのか、ポイントを簡単にまとめます。

 

ワールドベンチャーズ ってどんな会社?

2005年に設立されたアメリカの会社で、旅行商材 DreamTripsなどのメンバーシップを販売する企業です。MLMのビジネスモデルと採用してグローバルに展開している企業です。

会員数は世界中で毎日1万人以上が増え続け、すでに1000万人に迫る勢いで、今もメンバーが増えています。現在日本では約2〜3万人の会員がいると言われています。(日本未上陸のため正確なデータが取れていません。)

 

ビジネスの優位性

→ワールドベンチャーズ の何がいいの?
  • メインで扱っている旅行商材の DreamTrips が何より魅力的
  • 商材が化粧品や健康食品など個人の関心や嗜好が深く関わってくる商材ではなく、旅行という、取っ掛かりやすい商材を扱っているため、年齢・性別問わず幅広い層に拡販しやすい
  • 報酬プランが魅力的(※2018年8月より改訂しより報酬が得られやすくなりました)

 

ビジネスとしての継続性

サービスとして

最後の国営事業とも言われる旅行事業。政府も国内の観光事業(特にインバウンド)には年々力を入れており、国内のリゾート開発や観光地再生には、あらゆる予算も増えています。ワールドベンチャーズ は、2018年現在ではまだ日本未上陸ということもあり海外ツアーがメインに思われがちですが、本来のコンセプトは国内旅行をより充実させるためのサービス展開をしています。

ですから、日本上陸後は国内プランが充実する他、合わせてラグジュアリーなプランが驚くほど格安で利用できるドリームトリップスを利用した海外からのインバウンド需要も見込まれ、日本としても大きなメリットが考えられるのです。

また、旅行という特性上、サービス利用のリピート率が高いことも安定した収益を上げられるポイントです。

商材の展開方法として

これまでのMLMは有形商材がほぼ。特に化粧品や健康食品などが多かったため、本当にその商材を良いと思った人が対面で渡すのが基本でした。つまりはインターネットでの拡散がNGなのです。なので、ア●ウェイのディストリビューター(代理店)さんが、ブログとかネットで紹介しているのって見たことないですよね?

ですが、ワールドベンチャーズが扱っているのは、旅行という無形のサービスを扱っていて、利用するホテルや観光地については自分が情報を持っていなくてもすでに膨大な情報がネット上に展開されていますよね。ですので対面ではなくインターネットで拡散ができることが大きなメリットです。

これは、本業を持っている方、子育てて忙しい方には非常にありがたいものだと思います。

ビジネスとして正しい時期の参入

2018年現在で、日本国内での会員はまだ2〜3万人と言われています。上陸済みの国と地域では、上陸後に一気に30万人〜40万人とも言われる会員が爆発的に増えた実績もあります。

いま現在では未上陸ということもあり、日本国内におけるワールドベンチャーズ の認知度は当たり前に低いですが、ここにビジネスメリットがあります

ビジネスで勝つチャンスは、誰も知らないときに“笑われても”やること

この1点につきます。

もしこれを読んでいるあなたが、日本に上陸していないのでメリットがないのでは、と思うのであれば、それは残念ながら普通の人の思考です。

土地の買収でもなんでも、草しか生えていない原っぱを買い、数年温めてから開発なり売却なりするから莫大な資産を築けるのです。

 

客観的なデータから見る信頼度

ワールドベンチャーズ は、アメリカの権威ある情報誌インクが毎年発表している、「株式非公開の中で最も成長を遂げている企業」の直接販売企業部門で、2017年に見事TOPを飾りました。

ワールドベンチャーズ のリスト上位入りは、これで4年連続となります。

WVが全米の非公開企業で成長著しい直販会社TOPに

また、少し古い情報ではありますが、2013年には世界3大監査法人(BIG3)のアーンスト&ヤング社から堅固な財務体質を持つ会社として高い評価を得て、2013年にはアーンスト&ヤング賞を受賞した実績もあります。

 

まとめ

さて、これらの理由を見て、なぜカフカさんが数あるビジネスの中からワールドベンチャーズ を選ばれたのかお分かりいただけたでしょうか?

まだワールドベンチャーズ の事業動画をまだ見ていないという方はこちらからどうぞ

 

↓動画が見られない、お問い合わせはこちらから↓

(春奈さんのLINEにつながります)

コメント

タイトルとURLをコピーしました