ワールドベンチャーズ のデメリット

ワールドベンチャーズ

ワールドベンチャーズ のビジネスにおいてのデメリットをあげてみました。

この記事は、ワールドベンチャーズ に参加を悩んでいる方にぜひ読んでいただきたいです。もし、他のグループからの参加だったとしても、このようにデメリットをしっかり理解してから参加されることをお勧めします。

他のサイトにこんなことが書いて合ったけど、実際どうなの?という方は、私のLINEまでお問い合わせください。(ページの最後にリンクがあります。)

初期費用がかかる

ワールドベンチャーズ のビジネスに参加するには現在$605の初期費用がかかります。

なぜ費用がかかるのか?

ワールドベンチャーズ 自体も社員を抱えた一企業です。私たちは代理店としてビジネスや報酬を得る権利を同社に登録することで得ています。登録や代理店の管理をする人はボランティアではなく、ワールドベンチャーズ の正式な労働者として働いているので、もちろん給料やもろもろを支払わなければなりません。

ですので、参加費用は代理店として登録するための必要経費のため、ここを削ることができません。手数料としてお考えください。

支払って終わりではない

登録の際に支払った$605から、300ポイントは、DTポイント(ドリームトリップポイント)として還元され、このポイントは旅行を予約する際にお金と同じように使うことができます。1回の旅行で使用できるポイントの上限はありますが、年間上限はないためポイントを使い切ってしまってももちろんOKです。ですので、実質は非常に安い金額でこのビジネスに参入することができます。

MLMが全て権利収入ではない

また、MLMは全て=権利収入と誤解されがちですが、厳密にはアムウェイは権利収入ではありません。権利収入=「特定の権利を保有し続けている限り得られる報酬」と定義するのではれば、アムウェイはダウンメンバーが製品を購入しない限りは収入を得られないため、権利収入ではないのです。その点、ワールドベンチャーズ は、報酬を得られる権利を獲得できるシステムです。ダウンメンバーが旅行に行かなくてもアップラインメンバーには報酬が入る制度になっています。

今度この辺も記事書きますね。

月会費がかかる

ワールドベンチャーズ では現在毎月$125の月会費がかかります。これは、4名のリクルートを上げるとたったの$25になります。

$100もディスカウントになるのは大きいですよね。参加されるとまずみなさんはこの4名リクルート(タイトルはQR)を目指し、月会費のコストダウンに向けて頑張っています。

月会費も毎月100DTポイントが還元されていくので旅行に使えますね。

月会費=旅行が安く行ける権利

他のグループのメンバーですが、1年間は月会費がかかっても、魅力ある旅行に行きまくって、それをインスタやFacebookに投稿し続けることで興味のある方を引き寄せ、結果的にリクルートを始めた時にあっという間に素晴らしいメンバーと巡り会えたという方がいるようです。

どうしても、毎月かかるお金を費用と捉えがちですが、掛け捨てではなくしっかりポイントとして溜まって行くものなので、ぜひ有効活用をしてくださいね。

月会費を払ってでも価値のあるサービス

ワールドベンチャーズ にあるホテルは、4つ星、5つ星のホテルがメインなので通常の宿泊代と比較しても月会費を払う価値のある金額で提供しています。

ビジネス会員でありながらも旅行メインで行かれている方は、このサービスの素晴らしさを体感しているので、4名リクルートできなくても「まいっか」としばらくサービスのみを利用し続けている人もいますよ。

会社の知名度が低いゆえに信用されにくい

ワールドベンチャーズ と聞いて、「あーあの旅行会社ね!」とピンとくる人は少ないです。それゆえに、信用されにくいということがあります。また、インターネットから情報を調べようとして、信用度の低い記事を信じてしまい、ワールドベンチャーズ に対し悪い印象を持っている方もいるかもしれません。

こればかりは、情報を持って証明するしかないのかなと思っています。

また、カフカさんがまとめている動画は、なぜワールドベンチャーズ なのか?という理由が非常によくまとめられています。企業の詳細については後半に出てくるのですが、「なぜ?」を深く理解するためには前半も非常に重要となるので、まだみていないという方は、ワールドベンチャーズ  旅するカフカ企画の動画をご覧ください。

ワールドベンチャーズ という企業は

ワールドベンチャーズ は、アメリカで設立され現在世界36ヶ国に展開しているグローバル企業です。2013年には世界4大監査法人のアーンストヤング社から堅固な財務体質を持つ会社として高い評価を得て、同年アーンストヤング賞を受賞した実績があります。

また、国内外の提携先では、

  • ディズニー
  • ヒルトンホテル
  • ハイアットホテル&リゾート
  • ANA(全日本空輸)
  • JAL(日本航空)
  • デルタ航空
  • アメリカン航空

など、有名企業とも提携している実績があります。

よりワールドベンチャーズ について知りたければ、合わせてこちらの関連記事も読んでみてください。

関連記事

 

参加から数ヶ月は報酬が少ない

最初目指すところは4名のリクルートです。月会費がお安くなる分コスト負担も減りますが、報酬はダイレクトコミッション(新規参加ごとに$50)のみです。またこれは1回きりのボーナスなので継続的に報酬をあげるには、組織を構築していく必要があります。

この、組織構築には最低でも1年くらいを見ておくと良いと思います。逆に1年しっかり頑張れば、そのあとは指数関数的に組織が拡大していくので、報酬も増えていくシステムとなります。

2018年8月現在、私は参加してからまだ1年未満ですが、タイトルもアップし月々の報酬も少しづつ増えてきました。12月までにはさらに2つ上のタイトルを目指しているので、その頃にはさらに高い月額報酬が見込めると思います。

正直、参加してから1年後くらいをめどに4名のリクルートを達成できたら、、、と思っていたのですが、思いの外早いスピードで組織ができているのは事実ですし、私のダウンメンバーも日に日に増えているので、単純に楽しくビジネスができているのは事実です。

このビジネスは、最初こそ大変です。最初から稼ぎたいという方は、最初からある程度やりきるか、短期的に収益を得られる別のビジネスの方が良いのかもしれません。

紹介者が出るまで心が折れそうになる

最初の紹介者が出るまで、すんなり行く方となかなかリクルートをあげられない方がいます。こればっかりや、その時の運もあります。

以前私がツイッターでパートナー募集をしていた頃、1週間に数回は「ワールドベンチャーズ って、一人も紹介者出せなくて辞めて行く方多いですよね?」とわざわざDMをくれる人がいました。

リクルートがなかなかあげられない人がいるのも事実ですが、諦めなければ結果は付いてきますし、我々は実践済みのリクルート方法を全て惜しみなく公開しているので、あとは目標を持って淡々と行動を起こすのみだと思っています。

心が折れやすい方の共通点

例えば目標が「QRになること」と、目の前すぎる目標を持っていることが多いと思っています。大事なのは、なぜそれをやるのか?どうなりたいのか?の【在り方】の部分だとカフカさんは言っています。

こんな話を聞いたことはありますか?


旅人がある街を歩いていると、汗を流してレンガを積んでいる3人の職人に会いました。

旅人は、
何をしているのですか?
と尋ねました。

すると、その3人のレンガ職人は三者三様で答えました。

1人目は、
見ればわかるだろう。親方の命令で“レンガ”を積んでいるんだよ。大変だからもうこりごりだよ
と面倒臭そうに答えました。

2人目は、
レンガを積んで“壁”を作っているんだ。この仕事は大変だが、賃金が良いからやっているんだ。」と。

3人目は、
レンガを積んで、完成まで100年以上かかる“教会の大聖堂”を造っているんだ。この教会は多くの信者の心のよりどころとなり、完成したら多くの人が喜ぶだろう。こんな仕事に就けてとても光栄だよ」と。


3人のレンガ職人は、それぞれ「レンガを積んでいる」という仕事は同じです。
役割や能力が同じであれば、賃金も同様であり、さほど変わりません。

しかし、“志”が違います。やる意義や目的意識が全く違います。

逆にこの“志”さえしっかり持っていれば、途中で簡単にブレたり諦めたりせずに目標に向かって行けると思っています。

 

友人、知人に紹介して微妙な関係性になる?

MLMと聞いて、友人や知人に声をかけなきゃいけなくて、結果的に友人を失ってしまうんでしょ?とイメージを持たれている方が多いです。

旅するカフカ企画で採用している自動システムは、対面で直接紹介しなければいけなかったこれまでのビジネスデメリットをインターネットの力により解決しています。

この方法により、社会的地位の高い弁護士、医師、経営幹部層の方、普段忙しくてなかなか時間を作れないという方でも、誰でもビジネスに参入し、成果を出せるように計画がなされています。

旅するカフカさんの動画は、有料で他グループでも使用させて欲しいと言われるほど価値のある動画で、この動画をきっかけにワールドベンチャーズ の他のグループからカフカグループに退会→再参加された方が数名どころではなく多数存在しているのも事実です。

友人・知人に紹介したい場合は?

友人、知人に紹介したい場合は、もちろん歓迎ですが、やりとりの中でもやはりカフカさんの事業動画を見ていただくことが前提となります。

実際に、家族全員(両親+子供2人)で参加し、それぞれが成果をあげているメンバーもいますし、夫婦で参加し1つのグループを任されリーダーとして活躍しているメンバーもいます。

 

まとめ

先述しました通り、この記事は、ワールドベンチャーズ に参加を悩んでいる方にぜひ読んでいただきたいです。

他のサイトにこんなことが書いて合ったけど、実際どうなの?という方は、私のLINEまでお問い合わせください。

このブログが面白い、他の方にも伝えたいと思っていただけましたら、
下記を1クリックしていただけると幸いです。


不労所得ランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました