【ネット界騒然】あの天才起業家!究極の脳トレーニング法を教えます

ワールドベンチャーズ

こんにちは。

本日は私が日々学んだり実践しているものからひとつ、

最新の脳科学の見地から、人間の知的パフォーマンスを極限まで高める方法を伝授します。

私が心から尊敬する「旅するカフカ」さんの非常にクローズドなお話です。

 

 


We are what we repeatedly do.
Excellence, then, is not an act, but a habit.

人は繰り返し行うことの集大成である

だから優秀さとは、ただ一度の行為でなく、習慣なのだ

 

“The Story of Philosophy”

「万学の祖・アリストテレスに関する一節」より


 

「遺伝子で才能は引き継がれない」

という主張が、現代の学界の共通認識になっています。

驚くほど真っ当な方法で、後天的にあなたの才能を最大に引き出し、 知的パフォーマンスを極限にまで高める方法を、今からこの手紙の中で全て解説します。

「思考は実現化する」といった類の、曖昧モコモコした話には辟易しているでしょうから、 定量的で科学的な基礎理論(データ・論文)と、踏まえて具体的な方法までお見せします。

そして、世界の一流のエリート達が使いこなしている

「習慣のオーダーメイド」というたった一つの成功法則を実現可能なレベルで伝授します。

 

これを身に付ければ、上位1%の「富裕層」と呼ばれるくらいの所得を得ることは、 チンするだけのレトルト食品を、正しく調理するように単純なことに感じられるでしょう。

文字だけで何度も衝撃を与えますので、どうぞ集中できる環境でご覧ください

 

あなたが今、どのような経緯でこのページに辿り着いたのかは分かりかねますが、

「彼氏との待ち合わせまで時間あるから暇つぶしに・・・」

という状況ではなく、 恐らく、広い意味で「何かしら得る物があるかも」と感じ、 「人生を良くするキッカケ」を求めて読んで下さっているのだと思います。

だったら、貧乏だったあの頃の話は抜きにして、早速本題から入っていきましょう。

 

では単刀直入に、あなたは

人生における成功の秘訣(成功者の素養)とは一体何だと思いますか?

経験?  人脈?  情報?  家庭環境?  教育?

あるいは、遺伝子が重要なのでしょうか。

 

議論の余地は色々とあると思いますが、私が行き着いた暫定的な回答としては、

「時間は固定なんだから、”仕事の効果性” を高めるしかないよね。」となりました。

追加の要素は多少あるかもしれませんが、

身体と知力のパフォーマンスを最大化させて、時間効率を高めることが出来れば、 その他大勢と比較して、人間としての能力が一歩抜き出ることになりますので、

人やお金や情報が、知的ハイパフォーマーの元に寄ってくるのは当然の帰結だと言えます。

そもそも、その他大勢の人たちはそんなこと意識さえしていないし、 知的パフォーマンスを高める基礎知識さえも、一生学ぶことが無いからです。

 

先天的な才能は存在しない

知的ハイパフォーマーを目の前にしたとき、大人たちは「天才」とか「才能」といった言葉で線引きをする傾向がありますが、 知的パフォーマンス(広義での「頭の良さ」)は、親から遺伝されません。

 

これは、現代の遺伝子工学や脳科学の基礎知識を学べば明白ですが、 遺伝は、外見にこそ多少は影響しますが、頭の良さとの相関は見られていませんし、 天才と呼ばれた過去の偉人達も、脳の構造上の違いは未だ仮説の粋を出ていません。

 

違いを生んでいるのは、後天的な経験や教育であり、 それが「頭の良さ」や「収入分布」に影響していることは、明確な相関が見られます。

 

そこで、私は徹底的に勉強をしました。

資格をたくさん取るためじゃないですよ。もちろん知的パフォーマンスを高めるためです。

凡才が服を着て歩いていると言われていた私ですが、幸運なことに比較的早い時期から、 一流の知的ハイパフォーマーに師事を仰ぐことができ、3年ほど学習と検証を積んだ結果、 今では世界を自由に旅し、多くの方から「天才かよ!」と呼ばれるまでになりました。

 

兎に角、私は正しく教わり(input)、それを正しく実践した(output)ことで、 高い水準の「習慣のオーダーメイド」を手に入れることが出来ました。

 

今からあなたに、私が学んできた「知的パフォーマンスの高め方」を共有しますが、 その前に、一つだけ断っておきたいことがあります。

 

なぜ、自己啓発セミナーは気持ち悪いのか

もしかするとあなたも、私と同じように、

「成功の秘訣を教えます」みたいな類の話には、もう食傷しているかもしれません。

 

世間では、成功哲学や自己啓発という名の元、

「セルフイメージを高めましょう」とか「感謝することが大事です」

といった抽象的過ぎる話を、あたかも成功の具体例のように語るコーチがいたり、

 

あるいは逆に、

「マントラを唱えるとモチベーションを維持できます」とか

「かなえたい夢の写真を貼りましょう」といったように

形式だけ整えて、本質から乖離した糊塗策を披露するタイプも多いのが現状です。

 

自己規律の概念は、哲学や神学や心理学というよりは、「脳科学の領域」なので、 マインドとかモチベーションといった、フワフワした抽象的な概念を、 脳のネットワーク構造や、ニューロン発火のメカニズムといった、 現実世界の事例に沿って解釈した人にしか、リーズナブルな説明は出来ないのですが、 その解釈作業を経ていないコーチが話すから、気持ち悪いのだと思います。

 

もちろん私があなたに伝えたいのは、

「神への正しい祈り方」でもなければ、

「宇宙へのオーダーの出し方」でもありません。

 

脳科学の見地から、自己規律やモチベーションを定義し、 基礎理論から、具体的な使い方まで体系的にお伝えすることです。

 

4つの講義でお伝えします

そこで今回、あなたの知的パフォーマンスを極限にまで高める集中講義を用意しました。

 

内容は以下に記載する4枚の手紙の通りですが、

1つ1つの詳細な内容は、有志者に限定して動画で配信をします。

 

以前、ブログの読者100名に限定して、「1デイ・トレーニング」を企画したところ 北は北海道、南は沖縄まで、あるいは海外からの受講生も多数参加され、 動画配信の要望も多かったので、そちらも講義の撮影動画を編集したものになります。

 

オファーの内容自体が、殆どの方にとっては目から鱗が落ちる内容だと思いますが、 動画受講をするか否かに関わらず、

以下の4枚の手紙は、あなたの人生を変え得る内容にしています。

 

少し目が疲れているなら、冷たい水で顔を洗い、 コーヒー(あるいはココア)を入れて一息ついてから、再読することをお勧めします。

 

第1講 「世界をありのままに見る」概念の共有

「外国人は肩こりにならない」という話を聞かれたことがあるかもしれませんが、 人間は「概念(主に言語)」で世界を切り取って認知しているため、 「肩こり」という概念がない英語圏の人には、その感覚を認知できないからです。

※日本語を覚えた外国人が肩こりの症状を訴えることがあるようです

 

同様に、四季がない常夏の国で育てば「夏」さえも実感することは出来ないのですが、 そのような感覚的な認知だけではなく、 光学的には網膜に映っているのに、本人には本当に見えていないことも確認されています。

この認知言語学による「分節化」の仕組みを知り、正しいトレーニングを積むことだけが、 「世界をありのままに見る」というスキルに直結すると私は考えています。
そこで、厳選した4つの最重要の概念(5ッ星クラス)を、あなたにお届けします。
  1. 定量的なPDCAサイクル     (定性性と定量性の使い方)
  2. 弁証法によるアウフヘーベン   (螺旋的発展と理解の仕組み)
  3. アドラーの目的論        (目的論と原因論の捉え方)
  4. 全体最適・部分最適       (制約理論とボトルネックの探し方)

 

「成功したければ、チャンスを掴みましょう」

 

といった発言を、さも成功法則のように無邪気に語るトレーナーは多いですが、 「そもそもチャンスを認知できていない可能性」については誰も言及しません。

 

数千億円という巨額の資金を動かす、ウィザード級の投資家たちが、 投資で稼ぐ秘訣として「客観視」という言葉を口を揃えて話すのは、 彼らが、この認知の仕組みを理解し、その重みを感じているからだと思います。 チャンスを掴む以前に、それを認知出来ないと駄目ですよ。ということです。

 

第2講 脳の2つの構造の理解

あらゆる学習において、最大の効果性を発揮する「脳科学」について共有します。 ここでは何度か衝撃が走ると思いますが、大きな声を出さないようにご注意ください。

 

世界のあらゆる学問が、脳科学的な見地に合わせている流れがありますので、 重要度が最大の学問ですが、殆どの人はその「超・基礎知識」さえも誤解しています。

 

例えば、「脳細胞は減る一方だ」という知識を未だに信じている人がいるのですが、 既に一部の領域(海馬など)で、ニューロン(脳細胞)が増えることは確認されており、 「何をすれば脳細胞が増えるのか?」という点についても、相関の確認が取れています。

 

あるいは、「理解する・記憶する」という行為についても、 「シナプス接続の仕組み」の基本を理解していれば、効率的かつ効果的に学習が出来ます。

 

また、成功哲学で表面的(精神論)に語られがちな「モチベーション管理」についても、 大脳・小脳の関係性を共有した上で、「非・意識」の正しい管理方法をお見せします。

自己啓発セミナーに参加して、どれだけ強く「今日から頑張ろう!」と思ったところで、 そもそもアプローチするべき場所(意識的な脳)が間違っているので、 高いお金を払って何度参加しても、モチベーションアップとは本質的に関係ありません。

仮にあなたが、世界一の天才(狭義としての天才)として生まれたとしても、 ここで挙げたような、「脳細胞を増やす方法」や「効率的な記憶法」さえも知らないなら、 日々着々と洗練させている私の背中は、5年以内には見えなくなるでしょう。

 

1時間未満の動画講義で、エッセンスを全て共有します。

 

 

第3講 依存症の理解と対策

トップアスリートが、エネルギー効率を最小に抑える筋肉の使い方を研究するように、 知的アスリートは「ホメオスタシス:慣性」を効率的に活用しようとします。

 

冒頭で紹介したように、万学の祖:アリストテレスが「習慣=優秀さ」というように、 慣性をいかに味方につけるか?が全ての成功への鍵となっていますが、 悲しいことに、99%以上の人は慣性が間違った方向(間逆)に作用しています。

 

つまり、「常に悪い選択を採用する」という依存症に陥っているということです。 依存症と聞くと、タバコやお酒のような「物質的な依存」が頭に浮かぶと思いますが、 最大の弊害になっているのは「コンテンツ(情報)への依存症」です。

 

モノを過剰摂取すれば、分かりやすく問題が出てきます(太る、病気になるなど)が、 情報を過剰摂取した場合、表には問題は出てこず、脳に深刻なダメージが残るのです。

 

特に、現代人にとって最悪なのは「ネットポルノ」で、 脳に大ダメージを与える上に、薬物以上に強烈な依存性があるという、まさに「百害あって一利なし」のパンドラの箱なのですが、 知識から対策まで、体系的に学ぶ機会が全くないのが現状です。

※少なくとも日本で教えることが出来る人は、絶滅危惧種くらい稀少です。

 

米国最先端の研究を引き合いに、ポルノが脳にどのような破壊をもたらすのか? そして、それに対する具体的な対策までしっかりと共有します。 同じ原理で、テレビ依存、Youtube依存、スマホ依存など全てに応用が利きます。

 

第4講 習慣のオーダーメイド:テクニック編

第1講から第3講までの内容全てを踏まえた上で、正しい検証方法を共有します。 知的エリートは、「突発的な出来事への対応」が上手いのではなく、 「日常のオーダーメイド」の一つ一つの質が、少しずつ高いのです。

 

例えば、インターネット検索で「Yahoo」を使う人が多いらしいのですが、 知的エリートの多くは、「ある理由」により、それを使うことを好みません。

 

このような細かいオーダーが少しずつ異なって集積しているのですが、 何を基準にオーダーメイドすればいいのか?という検証の指標を詳しく解説します。

 

結果として、今まで自分が善だと信じていた常識がバラバラ崩れる可能性がありますが、 正しい検証を踏まえていれば、情報操作に惑わされない深い安心感を得ることが出来ます。

例えば、私の日常の食事風景を目撃した人は、ほぼ例外なく「やはりカフカさんは変態ですね・・・」と、(恐らく良い意味で)驚かれるのですが、 一般的に「善い」と思われている食事のイメージからは相当離れているからだと思います。

 

しかし知識の集積と、膨大な人体検証によって行き着いた「考え得るベスト」であって、 実際、人間ドックのあらゆる検査でも、自分至上最高の結果を更新し続けています。

 

衣・食・住のクオリティが年々上がっているにも関わらず、

癌や鬱、アレルギーやメタボなど、現代人がなぜこんなに弱くなっているのか? 正しく検証すれば、深いレベルで理解ができ、ベストな対策を取れるようになりますので、 最終講義で必要十分な知識を身に付けていただきます。

 

受講の方法・参加費用

以上の4講義を各1時間程度(計4時間)でお届けしていきます。

真剣に学んでこられた方ほど、その価値を感じていただける内容にしています。

 

講義の受講は、専用のメンバーサイトにて動画受講となります。

Youtubeを利用していますので、ネットに繋がる端末であれば何でも視聴可能です

 

また、言葉の意味一つ一つまで厳密にお伝えしたいという考えから、 本講義の動画全てに対して「日本語字幕」を付けております。 仮に難聴であっても、変わらず継承しますのでご安心ください。

今回の受講費用は、1万円(税込) とさせていただきます。

 

情報販売という性質上、申込後のキャンセルは不可とさせていただきますが、 約4年に渡るリサーチ・検証作業と、数ヶ月間の作成期間を経ていますので、 払う価格の何倍もの価値は十分感じていただけると思います。

参加希望であれば、以下よりお進みください。

 

このブログが面白い、他の方にも伝えたいと思っていただけましたら、
下記を1クリックしていただけると幸いです。


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました