【転職】ヤバい転職エージェント

ワールドベンチャーズ

ゴマンとある人材エージェント。

どのエージェントに行くのか、どんなキャリアコンサルタントに相談したら良いのか分からないですよね。

今日は実際にある、オススメできないエージェントについてお話しします。

 

転職エージェントは、年々増えている

転職エージェントは年々増えていていて、日に1000社の新規エージェントが登記されているとも言われています。

リクルート、マイナビ、エン・ジャパンなどの大手企業の名前は一度は聞いたことがあるかと思いますが、最近、人材事業未経験の新規エージェントが増えています。

私も個人的に人材紹介会社の立ち上げの相談を受けていて、コンサルに入っているところもあります。それも1社、2社の話ではないのです。景気の後押しもあり、ここ2〜3年で急激増えているのですが、表から見ると違いがよく分からないですよね。エージェントを選ぶ際の参考にしてください。

 

人材紹介事業をスタートして3年未満の会社

ここ2〜3年で爆発的に転職エージェントが増えているんです。背景としては、復興とオリンピック需要で景気が良いので、転職市場も活況なことがあります。

そして、人材ビジネスは利益率が高いビジネスモデルなので、それまで人材ビジネスに一切絡んでなかった企業が、自社の専門性を生かして人材紹介も始めるか!って感じで始めるところも多いのです。

自社限定求人が少ない(もしくは、ない)

スタートして3年未満の会社は、案件も他社と同じことも多く、自社でしか取り扱っていない求人は少ない傾向にあります。募集している企業は、コンフィデンシャルでない限りには早く採用をしたいので、基本的に求人の掲載はフルOPENです。HPにさえも載っています。

年収や入社時期の交渉ができない

設立3年未満の会社での、不慣れな担当者あるあるですが、求職者の代わりに交渉しなければならないのに、人事に対して対等に交渉できない担当者も非常に多いです。ここが不慣れだと、年収交渉、入社日交渉などがうまくいかず、結果的に妥協したり何かを捨てないといけなくなります。

転職は結婚と同じと言われているので、全部を求めるのは難しいと思いますが、それでもお金と時間という大事な部分は、ちゃんと自分のイメージ通りに交渉して欲しいものですよね。

また、不慣れな担当者だと、求人企業の情報も手薄だったりしてあまり参考にならないなというのが本音です。

 

専門事業×エージェント

実際に私のところに相談があった事例でいうと、広告代理店、WEBマーケティング、インフルエンサーマネジメント会社、不動産管理、接客業などが、自社のサービスに絡めて人材ビジネスをスタートさせています。

これはダメではないのですが、所属しているキャリアコンサルタントの経歴を確認したほうが良いですね。

その業界を知っていることは、転職活動時に大いに参考になると思いますが、業界を知っているからと言って、自身の立場になってコンサルしてくれるかというは、またそこは別の話になります。

経歴がわかるキャリアコンサルタントなら問題ない

キャリアコンサルタントは、HPに経歴を載せていることも多いので、専門事業×キャリアコンサルタントとしても経歴がある方であれば問題ないかと思います。最低でも、3年以上の経験がある方が良いです。

ネット検索しても、担当者らしき人の情報が全然出てこない場合は、やめた方が良いです。

 

キャリアコンサルタントがゴリ押ししてくる

キャリアコンサルタントとは、ほぼ必ずと言って良いほど面談があるのですが、その際にこれまでの経歴だけでなく、自分の思考性やどんなキャリアを描きたいかなど将来的な話ができるキャリアコンサルタントが良いです。

しかし中には、あなたの経歴だけを確認して、一方的に求人を送ってきて、これしか受けられません!的なメッセージをくれるキャリアコンサルタントもいますので、そこは要注意です。

良いキャリアコンサルタントとは

あなたのキャリアの可能性に真剣に向き合ってくれる人なので、うまいことばかり言う方よりも、現状認知と今度のイメージングを一緒にしてくれるような方にお願いした方が良いです。

 

連絡が取れない、連絡がないエージェント

連絡がとれなかったり、連絡がないエージェントは、単に担当者が忘れている場合もありますが、あなたに対する求人があまりないと理解しても良いと思います。

その転職エージェントによって、力を入れている層が異なります。もちろん表向きにはそんなことは言えませんが、裏ではあるのです。そんなエージェントではなく、違うエージェントに頑張ってもらいましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職エージェントと聞くと無数にあるので何が違うのかが分かりにくいかと思いますが、転職する際には面倒でも3社くらいは登録して、相対的に比較できるようにしておいたほうがよいです。

今後は、具体的なエージェントについてもまとめてみます。

 

転職を考えている方に朗報です

私が他に参画している旅行代理店事業で、ビジネスパートナーを募集していますので、

気になる方は、一度事業動画をご覧ください。

 

このブログが面白い、他の方にも伝えたいと思っていただけましたら、
下記を1クリックしていただけると幸いです。


不労所得ランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました