【検証】ワールドベンチャーズ は史上最悪のMLMという噂について

ワールドベンチャーズ

ワールドベンチャーズ が史上最悪のMLMという噂は本当か?

ワールドベンチャーズ を検索するとあらゆる情報が飛び交っていますが、2018年9月現在で上位に上がってきているHPをみると、「ワールドベンチャーズ は史上最悪のMLM」と言うタイトルがドーンと出てきます。

しかし、事実と異なっていたり、このビジネスの本質的なことが分かっていないのかなと思いましたのでまとめました。

 

ワールドベンチャーズ はMLMのビジネスです。

※ここから下の囲んである文章は例のサイトから引っ張ってきたものです。

 

まずワールドベンチャーズは、MLM(ネットワークビジネス)の団体で
旅行を商品としてビジネスを展開している
ようです。

そうなると、このオファーもMLMの勧誘ということになります。

 

はい、そうです。これは間違いないです。ワールドベンチャーズ はMLMです。より正確にいうと、MLMはマルチレベルマーケティングの略です。

 

ワールドベンチャーズ の商材(旅行ビジネス)の話は建前か?

「あなたが会員を4人ご紹介すると、なんと
月額会費が無料になって、旅行積み立ては継続されます。」

なんてことを謳っているわけです。

所詮、旅行の話は建前で、メインはお金儲けの話ってことです。

なぜ建前だと言い切っているのかというと、
この「豪華でプレミアムな海外旅行」には

フライトの料金が入っていない!

ということなんですよね。

ワールドベンチャーズ のビジネスにおいて、フライト料が入っていないのだからそりゃ安いだろうよ!と言う方は本当に多くいます。

 

ワールドベンチャーズ のコンセプトは国内旅行を充実させること

すでにOPENしているこれまでの国も、より充実した国内旅行ツアーが楽しめるようなプランが多いです。もちろん国外からの参加の人も十分に楽しめますよ。

また、日本人はツアーで予定びっしりみたいな旅行が好まれるのですが、欧米の方は自由気ままな旅がより好まれるので、マーケティング的にツアーには組み込まれていません。

また出発地、到着地が膨大になるため世界的に展開しているサービスとしては実質的に無理があります。

国内の旅行会社がフライト込みでできているのは、ほぼ出発地が到着地のどちらかまたは両方が日本国内ですよね。ですが、世界展開している旅行会社では個人によりバラバラになるため、カスタマーサービス的にもできないのです。ですのであえてツアーの中にフライトが含まれていないのです。

航空券はグループ会社のRoviaにて市場最安で購入が可能

フライトはRoviaというワールドベンチャーズ の子会社にて航空券が買えます。もしRoviaより安いチケットがあった場合には、後日精算でお金が戻ってきますので、実質市場最安で購入することが可能です。

精算も支払ったレシートを写真に撮って送るだけなので、とっても簡単です。

 

OPENしていない国のサービスメリットは今後よくなる

ワールドベンチャーズ はアメリカの企業です。これまで、アメリカ→ヨーロッパ→中東・アフリカ→東南アジアの順に現地法人がOPENしているのですが、日本が極東に位置しているので特にフライトが高く見えると思います。(ツアーが多いエリアと日本が遠い)

どんな企業でも、現地法人がOPENしていないエリアをカバーするようなマーケティング戦略は流石に行わないだろうと思います。

 

日本上陸も間近と言われているので、上陸後は日本人にも満足してもらえるような質の高いサービスも多数取り揃えられると思われます。(すでに上陸している国の例がありますので)

また、新しいサービスとして、今後はホテルも飛行機も自由に選べるドリームトリップのサービスもスタートしますので、益々充実した国内外のツアーが楽しめるかと思います。

 

ワールドベンチャーズ が気になる方

ワールドベンチャーズ のビジネスについてもっと知りたいという方は、旅するカフカさんが作成した動画をいちどご覧になってください。

私のグループから参加するメリットをまとめましたので、こちらもご一読くださいね。

事業動画ご視聴後にご質問・お問い合わせ受付、また参加のご希望などは下記のLINEよりご連絡ください。(春菜さんのLINEに直接繋がります)

このブログが面白い、他の方にも伝えたいと思っていただけましたら、
下記を1クリックしていただけると幸いです。


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました