【新卒】入る会社間違えたって思ったらすぐに転職活動をすべき理由

ワールドベンチャーズ

新卒で入社した会社も慣れ始めた頃、日々この会社なんか違うかもと感じている人も多いはず。

そんな時、早めに転職活動に動いた方が良い理由をまとめます。

 

3年働いたら一人前は嘘

よく、3年働いたら一人前と言われますが、全くそんなことはありません。

 

まず、仕事は経験や能力に応じて組織内での仕事が高度化していくだけので、新入社員でもその役割が必ずあるからです。なので3年後は3年後の仕事があるということ。

 

例えば、全く無知であることも新入社員の資産です。何も知らない顧客からみて会社のサービスがどう写っているのか、客観的に見ることができるチャンスなのですが、実際には日本企業では生かされていないことがほとんどです。

 

また、最近では社会に出ずに学生で起業し、20代で上場させる若者も珍しくないです。彼らが会社組織にいたら、まだ早い、出直してこいなどと言われ、きっと起業なんてできなかったでしょうね。

そのうち、腐った組織に馴染んで、いつの間にかその情熱を失ってしまうのがオチです。

 

学生の視点から見た会社と実際働いて見た会社は違う

学生の時は、会社の知名度や扱っているサービスや商材に目がいきがちです。毎年学生に人気の就職先ランキングに、航空会社や有名メーカー、個人向けサービスを展開している企業が上がるのはそのためです。

 

しかし、そのような企業が、本当に自分にあった企業かどうかは、特に20代は働いてみないとわからないと思います。

 

20代の1日は、老人の1年に相当

20代のうち大学をストレートに卒業していたら、10年もありません。

人生の中で一番フレッシュでやる気に満ち満ちた時間、それが20代なのです。

20代の1日は、老人の一年に相当するぐらい大事な時間であることをまず意識してください。

 

あなたにあった会社は必ずある

人口減少により、どこの企業も予定採用人数を満たしていません。しかし、日本の就職システム上、採用活動期間が決められているため、企業も満足できていないのが現状です。

つまりは、あなたが入社後も採用を続けている企業はたくさんありますし、1社目を経験したからこそ見える仕事の価値観も判断材料にすることができるので、より自分にあった企業を探すことができます。

 

今はいつでも入社ができる

最近は4月入社だけではなく、毎月、毎週入社の時期を設けている企業も多いです。

そのため、1年目の途中で転職活動をしても問題はありません。

 

ここは注意!転職理由は明確にすること

なぜ早期に退職するのかは、必ず聞かれる質問。自分なりに、どんなイメージで入社したが、どこが違ったのか、しっかりと分析してから面接に挑んでいただきたい。

NGな理由は、雇用条件を理由にすること。(他と比べて)給与が安い、残業が多い、手当が少ないなどは理由にしないこと。目先の利益や条件を転職理由にするのは悪い印象になります。

 

転職活動にはエージェントに登録しアドバイスをもらおう

早期退職をすると、少なからず自分に迷走しがちです。そうなると自信がないまま転職活動を迎えることになるので、結果としてよくないことが起こるのが目に見えています。

エージェントを使うことで、自身の長所やメリットを引き出してもらったり、モチベーションをあげてもらったり、ぜひ頼りにして欲しいと思います。

 

会社だけがあなたの未来ではない

20代はアグレッシブさがある反面、経験が浅く全体俯瞰をしていないから動けるというところもあります。

それゆえ、あなたがいる世界が全てと見てしまいがちです。

仕事は、会社勤めだけではありません。

むしろ、自分でやりたいことを推し進める力があれば、起業という道もあるのです。

 

私はもうすぐ会社を辞めます。

それは、この事業に出会えたからです。もし20代のうちから知っていたら、間違いなく参加していたと思います。

ぜひ、この機会に、いろんな世界を見ていただきたいと思います。

 

このブログが面白い、他の方にも伝えたいと思っていただけましたら、
下記を1クリックしていただけると幸いです。


不労所得ランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました