【新卒】入る会社間違えた!って思ったらすぐに転職活動をすべき理由

仕事・キャリア

新卒で入社した会社も慣れ始めた頃、日々この会社なんか違うかもと感じている人も多いはず。

この記事ではそんな方のために、

早めに転職活動に動いた方が良い理由

をまとめます。

 

3年働いたら一人前は嘘

よく、3年働いたら一人前と言われますが、全くそんなことはありません。

まず、仕事は経験や能力に応じて組織内での仕事が高度化していくだけので、新入社員でもその役割が必ずあります。簡単にいうと、今は今の役割があり3年後は3年後の役割があるということ。

 

チャレンジ精神はどの年代よりも高い

ビジネスに対し経験が浅くても、どの年代よりもチャレンジ精神の高いことが新入社員の何よりもの資産。また、会社について何も知らない顧客からみて商品やサービスがどう写っているのかなど、客観的に見ることができるのも新入社員に多いのも事実。

ですが、新人にはまずお茶汲みか名刺集めが定例化しているような日本企業では生かされていないことがほとんどです。(残念、、、)

 

起業家精神が高い人ほど、就職しないor会社は辞める前提

最近では、一回も社会に出ずに学生で起業し20代で上場させる若者も珍しくないです。彼らが会社という組織にいたら、「まだ早い、出直してこい」などと言われ、起業が遠ざかっていたかもしれません。組織に馴染んで、いつの間にかその情熱を失ってしまうこともあります。

 

会社は辞める前提で、お金を貯めるか社会の経験を積むという意識で就職する人もいます。目的を持って就職をするので、こういう人のインプットは半端ではありません。

 

学生の視点から見た会社と実際働いてみるのとでは全然違う

学生の時って、どうしても会社の知名度や扱っているサービスや商材に目がいきがちです。毎年学生に人気の就職先ランキングに、航空会社や有名メーカー、個人向けサービスを展開している企業が上がるのはそのためです。自分もよく目にするから当たり前だと思いますが、、、

しかし、そのような有名企業が本当に自分に合っている企業かどうかは、働いてみないとわからないと思います。

 

みんなが憧れるパイロットやCAさんは、激務でも有名ですよね。早朝または深夜から仕事で、睡眠時間を削って時間調整をするのは当たり前。有名だからと言ってもそういう働き方が理想なのか?というところです。

 

20代の1日は、老人の1年に相当

20代のうち大学をストレートに卒業していたら、10年もありません。人生の中で一番フレッシュでやる気に満ち満ちた時間、それが20代なのです。

20代の1日は、老人の一年に相当するぐらい大事な時間であることをまず意識してください。20代の時間は1日たりとも無駄にしないでください!(切実)

 

あなたに合った仕事は必ずある

人口減少によりどこの企業も予定採用人数を満たしていません。なので企業も採用に関しては満足できていないのが現状です。

つまりは、あなたが入社後も採用を続けている企業はたくさんありますし、1社目を経験したからこそ見える仕事の価値観も判断材料にすることができるので、より自分にあった企業を探すことができます。

 

今はいつでも入社ができる

最近は4月入社だけではなく、毎月、毎週入社の時期を設けている企業も多いです。というか、入社なんて書類上のやりとりなので、本当にどうにでもなります。そのため、通年を通していつでも転職活動はできます。

 

活動の前に、転職理由は明確にすること

なぜ早期退職をするのですか?

「なぜ早期に退職するのか」は必ず聞かれるからしっかりと回答を用意しておく

NGな理由は、雇用条件を理由にすること。(他と比べて)給与が安い、残業が多い、手当が少ないなどは理由にしないこと。目先の利益や条件を転職理由にするのは悪い印象になります。

 

転職活動にはエージェントに登録しアドバイスをもらおう

早期退職をすると、少なからず自分に迷走しがちになります。これで良かったのか、次の転職先が見つかるかなどの不安が募り、自信がないまま転職活動を迎えることになります。

面接を受けるにあたって、エージェントを使うことで、準備不足を軽減したり、自身の長所やメリットを引き出してもらったり、モチベーションをあげてもらったりと色々と頼りになると思うので、私は積極的に使った方が良いと思っています。

 

『働く=就職ではない』会社に入ることが全てではない

大学を卒業すると働かなきゃと周りに合わせたり親にせっつかれたりすると思いますが、働き方改革や副業解禁の波もあり、今はマルチに仕事を持つことが普通になりつつあります。

ちなみに副業NGとしている企業は、社員の成長や相乗効果により会社に良い風が流れると思えていない(=社員を信じていない)ので、自分も会社に依存する必要もないかなと思います。

 

 

 


このブログが面白い、他の方にも伝えたいと思っていただけましたら、
下記を1クリックしていただけると幸いです。


不労所得ランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント