Harunaさんのこと

どうもこんにちは!Harunaさんです。

どうやってこのページにたどり着いたのか分かりませんが、

きっとあなたの心のどこかで「自由なライフスタイル」に憧れがありたどり着いたのではないでしょうか。

その潜在的な思い、ぜひ大事にしてくださいね。

その思いがあなたを変えるきっかけになるかもしれませんから。


ブログ運営者について

Harunaさん 1983年生まれ 湾岸エリア在住 B型でしょ?って言われるA型

人事系コンサル会社→投資会社勤務。

小さい頃から庭の木登りや男の子に混ざってカブトムシ採りに行くなど活発な女の子でした。

2015年ごろから前職(コンサル業)のスキルアップのためにコーチングやチームマネジメントについて個人的に学んだことをきっかけに、組織のために自分があるのではなく、個人のためにある組織がより健全なのではないかと思い始める。

それまで、「いかに組織に貢献できる人材になるか」ということを目指していたので自分にとって衝撃的な気づきとなってしまう。

2017年コーチングのライセンスを取得。子供が生まれたことにより、子供にしっかり向き合いながら生きて行きたいと思うようになる。

2017年末ワールドベンチャーズ のビジネスに出会う。(その時に私を誘ってくださった方がすごかった!)

2018年6月にQR(直紹介4名)を達成。

2018年8月に新設の2StarRepを達成

2019年1月にSR(バイナリーの左右に15名以上)を達成。

今現在は、本業、ワールドベンチャーズ、コーチング業に従事しています。

現在は、会社を辞め、家族と海外移住をし、もっと自由な生き方を目指しています。海外移住をするまでに、想定年収1億円を超えたいと思っています。

ちなみに、ワールドベンチャーズ のビジネスを行なっている最中に、暗号通貨や他の資産構築についても学びはじめ、以前よりも資産を大きく増やせました。

ずっと安定した生活はない

前職は組織に対するコンサル業でした。

他社からのヘッドハントやキーパーソンのジョインで、名だたる企業の組織が大きく変化するのも見てきましたし、

さらに私は、これから就職活動を迎える10代の学生、20代の若手ポテンシャル人材から、年収3000万オーバーの方や、数カ国語を操りシンガポールやインドでのビジネス経験のある方、学生同士で起業し事業をバイアウトされた方など、本当に多様で刺激ある方ばかりとお話しさせていただき、自分も大きく成長させられました。

会社側も、そんな彼らに組織にジョインしてもらうためには必死で、住宅や車を用意するのはもちろんのこと、ご子息の学費や家族やパートナーの世話代まで全て企業負担ということもざらでした。

しかし、そんな華々しい彼らですが、10年もそのポジションにいた方は、ほぼいません。

とある企業では、日本人幹部が、たった1本の英文メールを見逃してしまったがために降格となりました。その幹部は英語があまり話せませんでした。

本国からすると、重要なメールを理解できない人に、重要な仕事は任せられない、ということでした。

その後退職に追われています。

また、とある企業では、英語ができすぎる日本人が解雇となりました。

日本人CEOから目障りな存在に見えてしまったようです。

私が関わった方は、その時は相思相愛で双方とも大満足なマッチングだったと自負しています。

けれどいつまでそれが保証されるかは、誰も分かりません。

仕事がなくなるリスク

このように、入社時は互いに必要を感じ素晴らしいマッチングができたとしても、数年後には状況が変わることは大いに予想されます。

特に、上のポジションに行けば行くほど外に機会を求めることも難しくなるため、年々厳しくなって行くわけです。

公認会計士という職種ですが、日本では3大難関資格と言われていますが、IT技術の進歩により今後20年以内にもなくなると言われています。

ちなみに、公認会計士さんは自分たちの仕事はそんな単純ではない!と考えているようですが、ほとんどがテクノロジーでカバーできることがすでに実証されています。

パイロットも、以前はコックピットの中に3名体制で操縦していましたが、こちらもIT技術の進歩により現在は機長と副操縦士の2名体制で運行しています。今後は1名ないし無人での運行も大いにありえます。

年収が上がらないリスク

自分の職種だっていつまであるか分からないのに、日本では年収もここ数年で据え置き状態、むしろ下がっています。

サラリーマンの生涯年収は2億〜3億の間くらい。リーマンショック以前は日本人の生涯年収は3億円と言われていましたが、その後は2億7千万円が平均値です。

それを想定の労働可能年数42年で割ると、年収にして650万年未満です。

平均でこの年収ですから、大多数の人は、実際にはこの金額よりももっと少ないことが予想されます。

世界経済の中でも円の価値は下がる一方

実は、日本円は毎年発行量が増えています。政府としては流通量を増やすためとしていますが、発行量が増えると円の価値は必然的に下がります。

20〜30年前、アジアの中でも特に物価が高かった日本。日本人が海外旅行へ行くと海外の物価の安さにウホウホしていたと思いますが、現在の韓国、中国、シンガポールなどをみてどうでしょうか?

日本よりも物価が高い地域が非常に増えましたよね。

これは、アジアが成長したこともありますが、日本円の価値が弱くなっていることも背景にあります。

経済成長が鈍化し、円も上がらない。

この先、どうなってしまうのでしょうか。。。

仕事はなくなるわ、年収は上がらないわ、さらに円の価値が下がっている、、、これからどう生きたら良いのか、真剣に考えないといけないと、お分かりいただけたでしょうか?

ではどうすれば良いのか

私は2017年より、収入の柱を4つ作りたいと考えました。4つの根拠はないのですが、複数あったほうがリスク分散になるだろうと考えていたからです。

ある1本の動画が解決してくれた

動画は全部で4つあり、1つ目は権利収入と労働収入の違いと前者を得る重要性を知ることができ、権利収入は、無いと厳しいことが分かります。

2つ目はビジネスのメリット・デメリットがわかりやすく説明がされていて、ここまでしっかり説明を聞いたことがなく、いかにイメージでデメリットしか感じ得ていなかったのだなと思いました。

3つ目に、アフィリエイト&MLMの説明がありますが、非常に客観的に説明がなされているので、ここでも今までの先入観はなんだったのだろうかと思いました。

4つ目は、いよいよカフカさんがなぜ多数あるビジネスの中からワールドベンチャーズ を選んだのかの理由があります。

カフカさんの評価基準の中で、企業としての実績、成長性やビジネスとしてのメリットなどを考慮して、最終的に選んだのがこのワールドベンチャーズ であると説明をしています。

私は仕事柄、MLM企業との商談も結構多かったのですが、その度に「MLM企業は怪しいから誰も働きたがらないんだよね」と内心気持ちが乗らなかったのですが、この動画では不思議と怪しいとは思わなかったんです。

もっと知りたいという気持ちがあったので数日後に男性の方のコンサルを受けたのですが、その時にあまりに淡々としていたので「私の話つまらないのかな」と思いました。笑

正直あまり盛り上がらなかったんですよ。

なので、すぐに参加しなかったんですね。

今思うと、私は事業動画をさらっとしか見ていなくて、本質的な部分を理解していなかったんですよ。

「なんかすごい」という表面的な部分でコンサルを受けたので「動画で説明していることの質問ばかりですね」と言われてしまいました。笑

その後、私に紹介をしてくれた女性の方と直接お話しする機会があり、その方の後押しで参加を決意していまに至ります。

参加してみて思ったこと

ワールドベンチャーズ のサービスが年々良くなっている事実。日本法人OPENも間近と言われ盛り上がってきています。

また内部も、数ヶ月前とは比べ物にならないほど組織が大きくなっていて、それをみているだけでも楽しいです。MLMは早く参入し、できるだけ長くいることが成功への近道なんだなと思っています。

カフカさんは、一言で言うと天才です。カフカさんを批判するネット情報もありますが、裏づけがなされていなかったり、感情的な論争が多いので事実とは異なるな、と言う印象ですね。

(感情論は拡散しやすいので、厄介なところです)

私のことは、こんなところです。

これが人生の転機になった動画です

 

このブログが面白い、他の方にも伝えたいと思っていただけましたら、
下記を1クリックしていただけると幸いです。


転職・キャリアランキング

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました